カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 津軽の葉とらずりんご園「GrandApple」

津軽の葉とらずりんご園「GrandApple」グランドアップル 

津軽の葉とらずりんご園「GrandApple」グランドアップル

当園は、津軽富士とも呼ばれている青森県の最高峰で日本百名山にも選定されている岩木山の麓に位置する弘前市中別所地区と、蜜入りりんごとして有名な「ふじ」発祥地の藤崎町に位置しております。「農業」という生き方を選んだ者として皆様の良き人生の食卓の一部になれる幸運を喜びと情熱に変え日々、生きがいを感じながら「農業」と向き合っています。

津軽の葉とらずりんご園「GrandApple」グランドアップル

園主 成田 雄大の紹介

スキーを長靴に履き替えて オリンピックへの情熱をリンゴにのせる

体を動かすことが好きで、幼少期から夏は野球、冬はスキーに明け暮れ、札幌第一高校にスキー特待生として入学。
在学中の3年間、北海道代表として国体に出場しました。
インターハイ、国体で準優勝を収めましたが、卒業と同時に競技スキーを引退し、自動車整備士専門学校をへて就職。
会社員として普通の毎日を送っていましたが、2007年に2010年開催のバンクーバーオリンピックからスキークロスが正式種目に採用された事を知り、「一度きりの人生挑戦したい!」という気持ちにかられて、会社を退社。
もう一度アスリートとしてオリンピックを目指すことを決意しました。


この気持ちに掻き立てられたのは2006年トリノオリンピック(イタリア)にてアルペン回転種目で7位に入賞した、同い年の湯淺直樹選手の影響がとても大きかったです。
  高校時代同じチームメイトだった湯淺選手の活躍を テレビを通して目のあたりにし、感動と勇気をもらったと同時に「自分は何をやっているんだ」という気持ちになったのを、今でも鮮明に覚えていいます。


葉とらずりんご
葉とらずりんご

園主 小学校6年の時
青森県スキー連盟公認
第21回 ブルーモリスカップ夜越山スキー大会
平成8年2月17日〜18日
平内町営夜越山スキー場


葉とらずりんご

園主 高校2年生の国体2位の時
第56回 国民体育大会冬季大会スキー競技会
2001年2月18日〜21日
於・長野県飯山市戸狩温泉スキー場ジャイアントスラロームコース


実家のある弘前市に拠点を移し、祖父の畑や建設業などのアルバイトで活動費を稼ぎながらトレーニングを積み、冬のシーズンに備えました。国内の数少ない大会で成績を残し、全日本ナショナルチームに選ばれ、海外を転戦。2009年2月にはスキークロス札幌国際FISレースで優勝を果たしました。
たくさんの方々に様々な面から支えて頂きながら、夏はバイト・トレーニング、冬は遠征・転戦という一年間を繰り返し挑戦し続けましたが、世界の壁はとても厚かった…。
トレーニング中のケガも一因となり、2009年春に引退を決意。
その後、弘前に残り、祖父の畑を手伝っているうちに、地道にコツコツと作業を進めるりんご作りは、どこかトレーニングと似ていて、自分にあっていると感じました。

そして祖父の畑を継ぐことを決めます。

葉とらずりんご

自分がそうしてもらったように、自分もリンゴで皆さんの“身体”をサポートしたい

2010年には結婚をし、その後2人の娘にも恵まれ、家族に支えられながら、アスリート時代のストイックさを強みに、自分が思う理想のリンゴを追い求めています。 リンゴ作りは単純ではありません。悩むことも多いですが、 今でも農業経営者として「まだまだやれる」という気持ちを持ち続けられているのは選手時代を共にした湯淺選手のストイックさを横で見てきたからに違いないと、とても感謝しています。 私の知る限り最も謙虚でストイックな人間です。 これからもアスリートとして培ってきたものをリンゴ作りに注ぎ、 葉からの養分をたくさん果実に蓄えられるこだわりの「葉とらず栽培」リンゴで 体が資本であるアスリートやアスリートを目指す方々をはじめ、 グランドアップルのリンゴを選んで頂ける方々の身体をサポートしていきたいと思っています。

葉とらずりんご


園主 成田雄大

  • 1984年1月1日生まれ
  • 2000年 札幌第一高校入学 スキー部に 特待生として  在学中3年間 北海道代表として国体出場
  • 2001年 新潟妙高インターハイ 大回転 2位
  • 2002年新潟妙高国体 大回転2位 高校卒業と同時に競技スキー引退
  • 自動車整備士専門学校を経て2006年 22歳 整備士としてネッツトヨタ道都に入社
  • 2007年 バンクーバーオリンピックを目指し現役復帰
  • 2009年2月 スキークロス札幌国際FISレース 優勝
  • 2009年4月 現役引退。リンゴ農家へ。
葉とらずりんご

青森エコファーマー

りんごの樹自体が持つ自然の力を活かすために、「no leaf no apple」の言葉を掲げ、葉とらず栽培にこだわっております。葉とらず栽培とともに、持続農業法に基づき堆肥等による土づくりと化学肥料・化成肥料の使用を減らし一体的に行う農業生産方式の導入計画について青森県知事からエコファーマーの認定を受けております。